著作・論文

弊所メンバーが執筆に関わった論文や出版物などのご紹介
知的財産全般、著作権法、不正競争防止法、種苗法等についての
著作・論文をお探しの場合には「知財一般」を選択して下さい。

商標判例読解65 「南三陸キラキラ丼」事件(組合長名義でなされた商標登録の無効請求が斥けられた事例)

著者など 中田 和博    
業務分野 商標
出版日 令和2年5月15日
掲載誌・出版物 特許ニュースNo. 15170
出版社 一般財団法人 経済産業調査会

概要

当事務所・商標判例研究会による連載「商標判例読解」の第65回

 

事件番号:令和元年(行ケ)10101号

係属部:知財高裁第4部(裁判長裁判官:大鷹一郎)

判決日:令和元年12月19日

結 論:請求棄却

関連条文:商標法4条1項10号、15号及び19号

出 典:最高裁判所ウェブサイト、J-PlatPat

 

原告が経営するホテルでは、賛同する有志とともに、「南三陸キラキラ丼」と称する海鮮丼を提供することで,多くの観光客などの来訪による町おこしキャンペーンを始めた。しかし、その後、南三陸観光協会の支援を受けるなどして発展するうちに、商標「南三陸キラキラ丼」の使用主体は南三陸町飲食店組合として需要者に認識され周知になった。

その結果、原告自らは「南三陸キラキラ丼」の商標登録をすることができなくなったばかりか、同組合の組合長名義による商標登録は商標法4条1項10号(他人の周知商標に類似する商標)、同15号(他人の商品・役務と出所混同のおそれがある商標)又は同19号(他人の周知商標と類似で不正目的で使用する商標)に該当したものとして無効審判を請求したが棄却され、知財高裁もその審決を是認した。

なお、本件判決については、現在上告中である。

(詳細は特許ニュース令和2年5月15日号をご覧ください。)

中田 和博の他の著作・論文

商標に関する他の著作・論文

お電話でのお問合せはこちら

03-3270-6641(代表)

メールでのお問合せはこちら

お問合せフォーム

〒100-0004
東京都千代田区大手町2丁目2番1号
新大手町ビル 206区
電話 : 03-3270-6641
FAX : 03-3246-0233

ご注意

  • ・本サイトは一般的な情報を提供するためのものであり、法的助言を与えるものではありません。.
  • ・当事務所は本サイトの情報に基づいて行動された方に対し責任を負うものではありません。

当事務所のオンライン及びオフラインでの個人情報の取り扱いは プライバシーポリシーに従います。