講演・セミナー

弊所メンバーが行う講演などのイベントのご紹介
知的財産全般、著作権法、不正競争防止法、種苗法等についての
講演・セミナーをお探しの場合には「知財一般」を選択して下さい。

広告・プロモーションと商標権侵害 ~ネット時代の販促・ブランディング活動の思わぬ落とし穴、広告と商標権侵害~ <どのようなキャッチフレーズが登録になるのか、どのような使用が侵害にならないのか、ノベルティーへの商標の使用は?>

日時
平成28年11月25日(金)10時~17時
講師
青木 博通
会場

発明会館7階 研修ルーム

主催
発明推進協会
外部URL
http://www.jiii.or.jp/kenshu/h28/1125.pdf
業務分野
商標

講演概要

1.広告における商標の法的位置づけ

(1)商標事件における「広告」の定義
(2)商品自体への使用と広告への使用の違い
(3)役務「広告」の類否判断

2.キャッチフレーズの登録可能性

3.キャッチフレーズと商標権侵害

4.ノベルティー(プレミアム)商品と商標権侵害

(1)商標登録の必要があるか
(2)侵害判断基準
(3)抗弁の方法
(4)裁判所が考慮する事情

5.インターネットと広告

(1)ネット上使用する商標はどの役務・商品に属するか。
(2)ネット上使用するどの表示が商標か。
(3)ネット上、どのような使用が商標権侵害か
・ 検索連動型広告(Carica Cerapi事件)、リンキング(楽天事件)、メタタグ(IKEA事件)、ショッピングモール(楽天事件)、国境越え等

6.広告と真正商品の並行輸入

7.広告規制

(1)おとり広告
(2)Ambush marketing
(3)プレインパッケージ(たばこ→食品への拡大の可能性)
(4)景観条例(京都市、萩市等)

8.広告と著名商標の保護

9.広告のみの使用と不使用取消審判

10.広告代理店による広告内容の開示

11.他社の商標をどこまで使用できるか

12.他社による商標使用と稀釈化・普通名称化

13.広告と品質誤認

14.国旗と広告

15.商標とパロディ(フランク三浦事件等)

16. 新しい商標(色彩、動き、音等)の広告と商標権侵害

17. 新しい商標とブランド戦略・マーケティング戦略

 

青木 博通の他の講演・セミナー

商標に関する他の講演・セミナー

お電話でのお問合せはこちら

03-3270-6641(代表)

メールでのお問合せはこちら

お問合せフォーム

〒100-0004
東京都千代田区大手町2丁目2番1号
新大手町ビル 206区
電話 : 03-3270-6641
FAX : 03-3246-0233

ご注意

  • ・本サイトは一般的な情報を提供するためのものであり、法的助言を与えるものではありません。.
  • ・当事務所は本サイトの情報に基づいて行動された方に対し責任を負うものではありません。

当事務所のオンライン及びオフラインでの個人情報の取り扱いは プライバシーポリシーに従います。