法律情報

国内外の最新の法律動向や、注目のトピックに関する法律情報を随時発信
知的財産全般、著作権法、不正競争防止法、種苗法等についての法律情報を
お探しの場合には「知財一般」を選択して下さい。

湾岸協力会議加盟国: 統一商標法制定

黒田 亮弁理士

湾岸協力会議(Gulf Cooperation Council)(加盟国:サウジアラビア、クウェート、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦、オマーン)の承認により、統一GCC商標法が 2006年 12月 10日付けで制定された。但し、現実に発効するのは、更に実施規則が起草され施行された後であり、2007年末頃になると予想されている。

この統一商標法は、各加盟国の現行商標法に取って代わるものであり、発効すれば上記 6カ国における商標保護の規定を調和させるものとなる。但し、単一の商標出願制度を導入するものではなく、従来どおり加盟国毎の商標出願を行なう必要がある。

統一 GCC商標法の主な特徴は以下のとおりである。

①商標の定義が広げられ、音響商標及び香り商標も認められる。

②出願は一の商品・サービス区分毎にしなければならない。

③パリ条約上の優先権主張出願が認められる。

④出願は公告日から 60日間異議申立のため公告に付される。

⑤登録は出願日から起算して 10年間有効であり、10年単位で更新が可能である。存続期間の満了後6ヶ月以内であれば、依然更新手続きが可能である。

⑥登録商標は 5年以上の不使用によって、利害関係人の請求に基づき取り消され得る。

⑦加盟国において周知・著名な商標は、未登録であっても一定の保護を受けられる。

⑧商標権侵害罪に対する刑事上の罰則は、最大で 27万米ドル(約 3億 3千万円)の罰金、5年の懲役となる。

 

執筆者

商標・意匠部アソシエイト 弁理士

黒田 亮 くろだ まこと

[業務分野]

意匠 商標

黒田 亮の記事をもっと見る

商標分野の他の法律情報

検索結果一覧に戻る

お電話でのお問合せはこちら

03-3270-6641(代表)

メールでのお問合せはこちら

お問合せフォーム

〒100-0004
東京都千代田区大手町2丁目2番1号
新大手町ビル 206区
電話 : 03-3270-6641
FAX : 03-3246-0233

ご注意

  • ・本サイトは一般的な情報を提供するためのものであり、法的助言を与えるものではありません。.
  • ・当事務所は本サイトの情報に基づいて行動された方に対し責任を負うものではありません。

当事務所のオンライン及びオフラインでの個人情報の取り扱いは プライバシーポリシーに従います。