著作・論文

弊所メンバーが執筆に関わった論文や出版物などのご紹介
知的財産全般、著作権法、不正競争防止法、種苗法等についての
著作・論文をお探しの場合には「知財一般」を選択して下さい。

人工知能(AI)に関する特許と特許法改正の査証制度

著者など 岡本 義則    
業務分野 特許
出版日 2019年7月9日
掲載誌・出版物 特許ニュース No. 14967
出版社 一般財団法人 経済産業調査会

概要

要約:

近年、人工知能(AI)の技術の発展により、AIの応用が広がっている。これに伴って、人工知能(AI)に関する特許の重要性が増している。

一方、特許法等の一部を改正する法律(令和元年5月17日法律第3号)は、特許侵害訴訟における査証制度を定めている。改正法は、特許侵害訴訟において、当事者の申立てにより、裁判所が指定する査証人が、証拠の収集を行なうための査証を行ない、裁判所に報告書を提出する制度を創設する。

本稿では、人工知能(AI)に関する特許が、学習により変化する部分に対応するクレーム要素を含み、被疑侵害者のサーバ上で人工知能が運用され、被疑侵害品である人工知能のシステムの構成が学習により随時変化する場合について、被疑侵害品の侵害の立証の困難の問題と査証制度に関し考察する。

(岡本義則「人工知能(AI)に関する特許と特許法改正の査証制度」特許ニュース No.14967 pp.10-11 (2019)より抜粋)

岡本 義則の他の著作・論文

特許に関する他の著作・論文

お電話でのお問合せはこちら

03-3270-6641(代表)

メールでのお問合せはこちら

お問合せフォーム

〒100-0004
東京都千代田区大手町2丁目2番1号
新大手町ビル 206区
電話 : 03-3270-6641
FAX : 03-3246-0233

ご注意

  • ・本サイトは一般的な情報を提供するためのものであり、法的助言を与えるものではありません。.
  • ・当事務所は本サイトの情報に基づいて行動された方に対し責任を負うものではありません。

当事務所のオンライン及びオフラインでの個人情報の取り扱いは プライバシーポリシーに従います。