法律情報

国内外の最新の法律動向や、注目のトピックに関する法律情報を随時発信
知的財産全般、著作権法、不正競争防止法、種苗法等についての法律情報を
お探しの場合には「知財一般」を選択して下さい。

オーストラリア: 庁料金改定(2020年10月1日施行)

外国特許情報委員会

オーストラリア特許庁の料金が改定され、2020年10月1日より施行される。支払期限に関係なく、2020年10月1日以降に支払う全料金(超過クレーム料金を除く)にこの新料金が適用される。したがって、庁料金、特に更新料については、2020年9月末までの支払いを検討することをお勧めする。

今回の庁料金改定では、超過クレーム料金の課金構造が変わり、更新料と更新年数の関係も大きく変わっている。($はオーストラリアドル)

(1)超過クレーム料金(excess claims fees)

この料金は、標準特許(standard patent)の出願が許可された(accepted)後に、登録料(acceptance fee)とともに支払う。出願時や審査請求時には、クレーム数に応じた料金は発生しない。新料金は、許可日(acceptance date)が2020年10月1日以降の場合に適用される。

現在、出願のクレーム数が20より多い場合、20を超えたクレームに対し一律$110/クレームが課金されている。改定後は、クレーム数21から30に対しては$125/クレームが、クレーム数31以上に対しては$250/クレームが課金される。

また、特許許可後の補正の際、20を超えるクレームに対し$250/クレームが課金される。(現在は、$110/クレーム)。

(2)更新料(renewal fees)

現在、更新料は5年毎に段階的に高くなっている。改定後は、毎年徐々に高くなる。

特に、医薬品特許の20年目から24年目の更新料は、現在$2,550/年であるが、改定後は$4,000/年から$8,000/年と毎年$1,000づつ高くなり、大幅な値上げとなる。

なお、年数に制限無く複数年の更新料を一括前払いすることができる。

料金改定の通知(オーストラリア特許庁)

新旧料金表 (オーストラリア特許庁)

執筆者

特許部

外国特許情報委員会

[業務分野]

特許

外国特許情報委員会の記事をもっと見る

特許分野の他の法律情報

検索結果一覧に戻る

お電話でのお問合せはこちら

03-3270-6641(代表)

メールでのお問合せはこちら

お問合せフォーム

〒100-0004
東京都千代田区大手町2丁目2番1号
新大手町ビル 206区
電話 : 03-3270-6641
FAX : 03-3246-0233

ご注意

  • ・本サイトは一般的な情報を提供するためのものであり、法的助言を与えるものではありません。.
  • ・当事務所は本サイトの情報に基づいて行動された方に対し責任を負うものではありません。

当事務所のオンライン及びオフラインでの個人情報の取り扱いは プライバシーポリシーに従います。