法律情報

国内外の最新の法律動向や、注目のトピックに関する法律情報を随時発信
知的財産全般、著作権法、不正競争防止法、種苗法等についての法律情報を
お探しの場合には「知財一般」を選択して下さい。

ミャンマー: 特許法制定

外国特許情報委員会

2019年3月11日に、ミャンマーではじめての特許法(Patent Law No.7/2019)が制定された。2020年の半ばくらいに施行される可能性がある。

以下が、特許法の概略である。

・特許と実用新案(petty patents)がある。特許の保護期間は出願日から20年であり、実用新案の保護期間は出願日から10年間である。

・1つの出願で1つの特許発明あるいは1つの実用新案をカバーでき、同じ発明を特許と実用新案の両方で登録することはできない。

・手続き言語は英語またはビルマ語である。

・出願日/優先日から18か月経過後に出願公開される。

・出願日から36か月以内に出願人が審査請求を行うことにより、実体審査が行われる。

・出願に対して拒絶理由通知(Office Action)が発行された場合、60日以内に応答しなければならない。

・強制実施権が特許に適用され得る。

・医薬品については2033年1月1日まで、農業用化学品、食品、微生物学的製品については、2021年7月1日まで権利保護されない。(ミャンマー政府が特段定めた場合には、この限りではない。)

新制度に関する情報は、現時点ではまだ真偽不明のものも含め錯綜しているため、今後の新しい情報にもご注意下さい。

執筆者

特許部

外国特許情報委員会

[業務分野]

特許

外国特許情報委員会の記事をもっと見る

特許分野の他の法律情報

検索結果一覧に戻る

お電話でのお問合せはこちら

03-3270-6641(代表)

メールでのお問合せはこちら

お問合せフォーム

〒100-0004
東京都千代田区大手町2丁目2番1号
新大手町ビル 206区
電話 : 03-3270-6641
FAX : 03-3246-0233

ご注意

  • ・本サイトは一般的な情報を提供するためのものであり、法的助言を与えるものではありません。.
  • ・当事務所は本サイトの情報に基づいて行動された方に対し責任を負うものではありません。

当事務所のオンライン及びオフラインでの個人情報の取り扱いは プライバシーポリシーに従います。