法律情報

国内外の最新の法律動向や、注目のトピックに関する法律情報を随時発信
知的財産全般、著作権法、不正競争防止法、種苗法等についての法律情報を
お探しの場合には「知財一般」を選択して下さい。

ドイツ: 欧州統一特許裁判所協定を批准するための承認法無効(2020年3月20日)

外国特許情報委員会

欧州統一特許裁判所(UPC)協定を批准するための承認法(“Act of Approval”)について、憲法違反としての訴えがDr.Stjerna氏によりなされていたが、ドイツ連邦憲法裁判所(Federal Constitutional Court)は、上記訴えを認めて、承認法を無効にすると判断した。

承認法の無効の理由は、承認法は、憲法の修正になるが、それに必要な3分の2の多数でドイツ連邦議会によって承認されていないというものである。

上記ドイツ連邦憲法裁判所の決定により、ドイツは、承認法についてドイツ連邦議会で3分の2の多数で承認というプロセスを経なければ、欧州統一特許裁判所協定に批准することができなくなった。

EU特許パッケージ(単一効特許規則と翻訳言語規則と欧州統一特許裁判所協定:単一効特許規則と翻訳言語規則は既に発効)の適用には、欧州統一特許裁判所協定の発効が条件である。また、欧州統一特許裁判所協定は、EU特許出願件数上位3か国+それ以外の10か国のEU加盟国の批准を必要とする。しかし、現在の上位3か国のうち、イギリスはEU離脱し、既に欧州統一特許裁判所協定に参加しないことを表明しており、今回ドイツで批准承認法が無効となったことにより、EU特許パッケージの運用の先行きは全く不透明である。

執筆者

特許部

外国特許情報委員会

[業務分野]

特許

外国特許情報委員会の記事をもっと見る

特許分野の他の法律情報

検索結果一覧に戻る

お電話でのお問合せはこちら

03-3270-6641(代表)

メールでのお問合せはこちら

お問合せフォーム

〒100-0004
東京都千代田区大手町2丁目2番1号
新大手町ビル 206区
電話 : 03-3270-6641
FAX : 03-3246-0233

ご注意

  • ・本サイトは一般的な情報を提供するためのものであり、法的助言を与えるものではありません。.
  • ・当事務所は本サイトの情報に基づいて行動された方に対し責任を負うものではありません。

当事務所のオンライン及びオフラインでの個人情報の取り扱いは プライバシーポリシーに従います。