法律情報

国内外の最新の法律動向や、注目のトピックに関する法律情報を随時発信
知的財産全般、著作権法、不正競争防止法、種苗法等についての法律情報を
お探しの場合には「知財一般」を選択して下さい。

EAPO: 現状

ユーラシア特許機構は、旧ソ連を構成した 9カ国(アゼルバイジャン、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、モルドバ、ロシア、タジキスタン、トルクメニスタン)の地域特許機構であり、1995年 12月に発効した。ユーラシア特許庁(EAPO)に受付られた特許出願は、方式審査及び特許性調査の後、優先日又は出願日から 18月経過後に公開され、審査請求期間が公開から6月である。出願が許可され公告されると、公告から 6月の特許異議申立て期間がある。

EAPOは、EPOの支援を得て設立され、基本的にEPOに類似するが、出身国の異なる 3人の審査官により実体審査がなされ、出願言語がロシア語であり、特許付与後に各国毎の登録、各国言語への翻訳を必要としない(年金は EAPOのみへ納付)点等が異なる。

EAPOへ提出された特許出願は、2007年に 2692件であり、その内、PCT経由が約 83%、EAPOが直接受付たものが約 8%、加盟国の特許庁を経由したものが約9%であった。

EAPOへ提出された特許出願は、2006年に 2293件であり、出願件数の多い国は、米国468(第 1位)、ドイツ321、ロシア186、日本85(第 9位)等である。

EAPOへの典型的な特許の費用は、6250ユーロであり、その内、出願から特許までの費用が 5200ユーロ(EAPO料金 2400ユーロ、弁理士費用 2800ユーロ)、3 - 7年の更新費用が 1050ユーロである。

特許分野の他の法律情報

検索結果一覧に戻る

お電話でのお問合せはこちら

03-3270-6641(代表)

メールでのお問合せはこちら

お問合せフォーム

〒100-0004
東京都千代田区大手町2丁目2番1号
新大手町ビル 206区
電話 : 03-3270-6641
FAX : 03-3246-0233

ご注意

  • ・本サイトは一般的な情報を提供するためのものであり、法的助言を与えるものではありません。.
  • ・当事務所は本サイトの情報に基づいて行動された方に対し責任を負うものではありません。

当事務所のオンライン及びオフラインでの個人情報の取り扱いは プライバシーポリシーに従います。