お知らせ

吉野 海希

商標の法的手続における抗弁としての記述的使用

インターネットと商標権侵害Ⅸ

最新の裁判例に基づく商品・パッケージのデザイン、商標の保護と最適な権利取得~商標法・意匠法・不競法・著作権法、どの法律を使って守るのがベストなの か? 商品の特性に合わせた選択の考え方~

東京オリンピックとブランドマネジメント

モーリシャス:ARIPO加盟

トリニダード・トバゴ:マドリッドプロトコル加盟

「法体系の違いからみた外国商標制度の特記事項とリスク対策」

インターネットと商標権侵害Ⅴ、Ⅵ、Ⅶ、Ⅷ

商標権侵害の回避と否定の理論と実務

裁判例で学ぶ 商標管理の実践的ノウハウ~商標法の個別の条文からは気づかないリスク、対策、ノウハウを、商品企画、権利取得過程・取得後に分けて明解に解説~

最新の裁判例からみたインターネット上の商標権侵害と対応策 ~商標権侵害トラブルを回避するために~

「知的財産の現在位置 令和元年意匠法改正と平成26年商標法改正以降の理論と実務」

Trademark Application Practices in Japan

ベネズエラ:国際分類の再採用

ミャンマー:新商標法下の商標出願が10月1日から受理開始

オリンピックと商標(WEB配信)

意匠法と周辺法・外国意匠制度

茶園成樹・田村善之・宮脇正晴・横山久芳編『別冊ジュリスト 商標・意匠・不正競争判例百選』

「インターネットと商標権侵害」Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ

東京オリンピックと商標制度 ―ハードロー及びソフトローの視点から―

法体系の違いからみた外国商標制度の特記事項とリスク対策 ~国際登録、米・欧・中・各国商標制度の特殊性と対応策~

欧州連合商標に関する識別性について

Mitsubishi v Duma Forklifts事件(商標の剥奪行為)

商標判例読解65 「南三陸キラキラ丼」事件(組合長名義でなされた商標登録の無効請求が斥けられた事例)

商標判例読解64 商標「KCP」事件(不正目的で使用するものとして商標登録が無効とされた事案)

「意匠・商標制度からみた著作権制度―制度間競争とその調整―」(完)

知的財産ミックスを利用した「ブランド戦略」とリスク

ミャンマー:商標法制定

「adidas AG, Maques v. 欧州連合知財庁(EUIPO)、Shoe Branding Europe BVBA」事件(欧州連合一般裁判所判決)(事件番号T-307/17 判決日2019年6月19日)

〒100-0004
東京都千代田区大手町2丁目2番1号
新大手町ビル 206区
電話 : 03-3270-6641
FAX : 03-3246-0233

ご注意

  • ・本サイトは一般的な情報を提供するためのものであり、法的助言を与えるものではありません。.
  • ・当事務所は本サイトの情報に基づいて行動された方に対し責任を負うものではありません。

当事務所のオンライン及びオフラインでの個人情報の取り扱いは プライバシーポリシーに従います。