お知らせ

特・実、審判・審決取消訴訟 最近の審判決例の解説(化学)

宮脇 薫

インド: 日本インド特許審査ハイウェイ(PPH)試行プログラム(2019年11月21日施行)

高梨 幸輝

山田 祐樹

ブラジル: 新特許審査ハイウェイ(PPH)試行プログラム(2019年12月1日施行)

ニュージーランド: 庁料金改定(2020年2月13日施行)

日本ライセンス協会 ミニ年次大会

World IP Forum 2019 – Taipei

Introduction of on-site inspection system in Japan

2019 AIPPI World Congress – London

Antibody Patenting: A Practitioner’s Guide to Drafting, Prosecution and Enforcement

台湾: 専利法の改正(2019年11月1日施行)

欧州特許: 審判部手続規則 (Rules of Procedure of the Boards of Appeal) の改正(2020年1月1日施行)

特許法 ・意匠法 2019年改正の概要と実務上の留意点

國枝 由紀子

ブラジル: 未処理特許滞貨解消に向けた新たなプロジェクト(INPI No.240/19とINPI No.241/19)発表(2019年7月9日)

欧州連合: SPC(Supplementary Protection Certificates)規則No.469/2009の改正:新規則(Regulation No.2019/933) 発効(2019年7月1日)

人工知能(AI)に関する特許と特許法改正の査証制度

医薬品モダリティの特許戦略と技術開発動向

医薬品モダリティの特許戦略と技術開発動向

フィリピン: 分割出願に関する時期的要件に関するメモランダムMemorandum Circular No. 18-003発行(2018年9月17日)

藤木 依子

米国: AIAの下でも、出願日より1年を越える前の出願人自身の販売は、技術内容が秘密であっても、新規性喪失となることを示した最高裁判決。(Helsinn Healthcare v. Teva Pharmaceuticals事件2019年1月22日判決)

米国: IPR(Inter Partes Review)では、米国特許庁は申し立てられた全てのクレームの特許性を判断しなければならないことを判示した最高裁判決(2018年4月24日SAS Institute社事件)

ニュージーランド: 特許法の一部改正(2018年12月30日施行)

ニュージーランド: 特許施行規則の改定(2018年4月5日施行)

ベトナム: 日本ベトナム特許審査ハイウェイ試行プログラム再開(2019年4月1日)

ブラジル: 審査迅速化と許可率増加を目指す新規則(Rule 227/2018)発表(2018年10月30日)

ブラジル: 日本からの特許審査ハイウェイ(PPH)の対象技術分野拡大(2019年4月1日以降)

〒100-0004
東京都千代田区大手町2丁目2番1号
新大手町ビル 206区
電話 : 03-3270-6641
FAX : 03-3246-0233

ご注意

  • ・本サイトは一般的な情報を提供するためのものであり、法的助言を与えるものではありません。.
  • ・当事務所は本サイトの情報に基づいて行動された方に対し責任を負うものではありません。

当事務所のオンライン及びオフラインでの個人情報の取り扱いは プライバシーポリシーに従います。