お知らせ

米国: AIAの下でも、出願日より1年を越える前の出願人自身の販売は、技術内容が秘密であっても、新規性喪失となることを示した最高裁判決。(Helsinn Healthcare v. Teva Pharmaceuticals事件2019年1月22日判決)

米国: IPR(Inter Partes Review)では、米国特許庁は申し立てられた全てのクレームの特許性を判断しなければならないことを判示した最高裁判決(2018年4月24日SAS Institute社事件)

ニュージーランド: 特許法の一部改正(2018年12月30日施行)

ニュージーランド: 特許施行規則の改定(2018年4月5日施行)

ベトナム: 日本ベトナム特許審査ハイウェイ試行プログラム再開(2019年4月1日)

ブラジル: 審査迅速化と許可率増加を目指す新規則(Rule 227/2018)発表(2018年10月30日)

ブラジル: 日本からの特許審査ハイウェイ(PPH)の対象技術分野拡大(2019年4月1日以降)

特許権侵害

Strafford live webinar, “Antibody Patenting: U.S. and Asian Perspectives”

インドネシア未払い年金の支払い期限延期

カンボジアでの特許の認証(Validation)

インドネシア知的財産総局(DGIP): 特許発明の実施に関する新規則を発表(2018年7月11日)

特・実、審判・審決取消訴訟 最近の審判決例の解説(化学)

炭谷 祐司

髙橋 聖史

野瀬 健悟

判決から学ぶ マレーシア特許編 -マレーシアにおける独立形式請求項と引用形式請求項の扱いの違いについて-

Who’s Who Legal: Japan 2018にて、当事務所の弁護士が高い評価を得ました

道下 浩治

TC Heartland, In re Cray, In re HTC各判決にみる、米国特許訴訟の裁判地

食品分野のパラメータ発明に関してサポート要件が否定された事案 -平成28年(行ケ)第10147号審決取消請求事件-

均等論における意識的除外 -特許権者の帰責性と第三者の信頼の保護との衡量-

特許権侵害訴訟における紛争の一回的解決-シートカッター事件最高裁判決(最二小判平29・7・10)を中心として-

人工知能(AI)の学習用データと限定提供データの保護

訴えの利益及び医薬発明の進歩性に関する大合議判決

人工知能・機械学習と特許侵害訴訟におけるイ号製品の構成の特定

Virtual Round Table – Intellectual Property 2018

改正特許法30条に関する審査基準及び審査ハンドブックが公開

欧州特許庁:ディスクレーマー補正に関する拡大審判部の新しい審決G1/16(2017年12月18日)

発明の新規性喪失の例外期間が6ヶ月から1年に延長

〒100-0004
東京都千代田区大手町2丁目2番1号
新大手町ビル 206区
電話 : 03-3270-6641
FAX : 03-3246-0233

ご注意

  • ・本サイトは一般的な情報を提供するためのものであり、法的助言を与えるものではありません。.
  • ・当事務所は本サイトの情報に基づいて行動された方に対し責任を負うものではありません。

当事務所のオンライン及びオフラインでの個人情報の取り扱いは プライバシーポリシーに従います。