お知らせ

Who’s Who Legal: Trademark 2017及びWho’s Who Legal: Japan 2017にて、当事務所の弁護士及び弁理士が高い評価を得ました

著作権法、商標法、意匠法、不正競争防止法侵害に対する民事救済と刑事罰との交錯

最新の裁判例・改正法に基づく商品・パッケージのデザイン、商標の保護と最適な権利取得

店舗デザインへの不競法初適用 コメダ珈琲そっくり店舗事件

MIP Global Awards 2017を受賞しました

Getting the Deal Through – Licensing 2017 (Japan Chapter)

応用美術の著作物性判断基準の傾向―TRIPP TRAPP事件控訴審判決以降の裁判例―

異業種に学ぶ「ファッション・ロー」を利用した「ブランド戦略」 ~商標法、不競法、意匠法、著作権法、民法(契約)の戦略的活用(知財ミックス)~

営業秘密の保護強化に関する平成27年改正不正競争防止法の解説

従業者が自ら作出した情報を利用する行為の営業秘密侵害該当性 -オープン・クローズ戦略時代の職務発明の取り扱いに焦点を当てて-

営業秘密の保護強化に関する平成27年改正不正競争防止法の解説-営業秘密侵害品の流通規制と生産方法の推定規定の導入-

シンガポール知的財産制度の現地調査の概要報告(日弁連知的財産センター・弁護士知財ネット合同調査)

最新の裁判例・改正法に基づく商品・パッケージのデザイン、商標の保護と最適な権利取得 ~商標法・意匠法・不競法・著作権法、どの法律を使って守るのがベストなのか? 商品の特性に合わせた選択の考え方~

英国のEU離脱が知的財産法制に与える影響

シンガポールにおける製品デザインの保護――意匠登録のインセンティブを付与するモデル

産業著作権への回帰?

商標判例読解45 「石けん百貨」事件(インターネット上の検索連動型広告における商標の使用)

裁判例からみた「商標ライセンス契約」の紛争事例と対応策 ~最新の裁判例を分析し、商標ライセンス契約をめぐる諸問題とその対応策について解説します~

Patent Infringement Litigation in Japan

The Japanese Food Industry

特許権・実用新案権

アートマネジメントのための著作権の基礎知識

記載例で学ぶ 文書作成の法的リスクマネジメント:知財トラブル解決へのアプローチ

INTELLECTUAL PROPERTY 2016 VIRTUAL ROUND TABLE

Who’s Who Legal: Japan 2016にて、当事務所の弁護士及び弁理士が高い評価を得ました

異業種に学ぶ「ファッション・ロー」を利用した「ブランド戦略」~商標法、不競法、意匠法、著作権法、民法(契約)の戦略的活用~

最新の裁判例からみたインターネット上の商標権侵害と対応策 ~商標権侵害トラブルを回避するために~

不正競争の法律相談Ⅰ

機能性を有する製品の外観をトレードドレスで保護することは難しい -Apple Inc. v. Samsung Electronics Co. Ltd. et. Al.(2015年5月18日CAFC判決,(Fed. Cir. 2015) No. 2014-1335, 2015-1029)

幼児用椅子TRIPP TRAPPは果たして著作物なのか−「美術の範囲」の解釈の深化を目指して−

〒100-0004
東京都千代田区大手町2丁目2番1号
新大手町ビル 206区
電話 : 03-3270-6641
FAX : 03-3246-0233

ご注意

  • ・本サイトは一般的な情報を提供するためのものであり、法的助言を与えるものではありません。.
  • ・当事務所は本サイトの情報に基づいて行動された方に対し責任を負うものではありません。

当事務所のオンライン及びオフラインでの個人情報の取り扱いは プライバシーポリシーに従います。