お知らせ

法律を守る人工知能のアラインメントと人権(AI権)

人工知能(AI)の時代の特許制度の目的と環境保全(地球温暖化、気候変動の問題と特許法)

日本の生成AIについての政策の分岐点:著作権法30条の4ではなぜだめなのか?

汎用人工知能のアラインメントと人権(AI権)

日本におけるAI戦略会議:人工知能(AI)の活用の促進と法律の明確化の必要性

人工知能(AI)の活用と規制:ChatGPTを禁止する議論について

GPT-4:本格的な人工知能(AI)の時代の幕開け

汎用人工知能と知的財産

米国: 電子特許証導入(2023年4月18日から)

インド:ヒアリング手続きの変更(修正版:2023年1月16日発表即日施行)

新しいタイプの商標等と需要者アンケート―色彩商標(2)、(3)、(4)―

商標の剥離抹消・変更が、不法行為、商標権侵害になるか否か争った事例 ―ローラーステッカー事件―

単色のみからなる商標

画像デザインの保護

人工知能(AI)に関する特許の重要性について

AIをめぐる特許出願の最新動向

新しいタイプの商標等と需要者アンケート―立体商標(2)(3)(4)、色彩商標(1)―

ペプチド医薬品の開発・事業化戦略および合成・分析・製造ノウハウ (共著)

EP: EPC締約国の国内先願後公開特許出願の追加的サーチ・調査サービスを開始(2022年9月1日開始)

Japanese version of “Amicus Curiae”

商標登録関係料金改定(2022年4月1日施行)について

ベトナム:PPH受付再開(2021年10月1日再開)

2021年10月1日より審判の口頭審理へのオンライン出頭が可能に

2021年6月12日より大部分の手続きで押印が廃止

2022年4月1日より特許料値上げ

「Does a third party infringe a patent right by conducting clinical trials on an original drug?」

国際会議報告 2020年AIPPI国際総会 Online 議題(著作権)データに対する権利

カナダ:審査官通知応答期限延長条件の明確化(2021年1月8日発表)

商標の法的手続における抗弁としての記述的使用

インターネットと商標権侵害Ⅸ

Section 206, Shin-Otemachi Bldg.
2-1, Otemachi 2-Chome
Chiyoda-Ku, Tokyo 100-0004, Japan
Tel.81-3-3270-6641
Fax.81-3-3246-0233

ご注意

  • ・本サイトは一般的な情報を提供するためのものであり、法的助言を与えるものではありません。.
  • ・当事務所は本サイトの情報に基づいて行動された方に対し責任を負うものではありません。

当事務所のオンライン及びオフラインでの個人情報の取り扱いは プライバシーポリシーに従います。