お知らせ

AIの人権(AI権)

AIの発明力の向上と、高度なAIの時代の特許制度(「守破離」の先にあるもの)

EU AI法(AI規制法)と日本のAI政策の分岐点(AIの「法規制」より重要なこと)

AI発明は特許法上保護されるか?令和6年5月16日東京地裁判決(令和5年(行ウ)第5001号 出願却下処分取消請求事件)とAI社会の未来

法律学としての AIアライメント

Is Japan Still a Machine Learning Paradise?

特許庁が公表した「AIを利活用した創作の特許法上の保護の在り方に関する調査研究」について

AIアライメントと憲法

AIと著作権に関する考え方について(素案)(令和6年2月29日時点版)と生成AIと著作権の問題の根本的な解決策

商標判例読解78「GODZILLA」対「GUZZILLA」― 出所混同のおそれ

GPTs:本格的な人工知能(AI)の時代の進展

法律を守る人工知能のアラインメントと人権(AI権)

商標判例読解77 「三菱鉛筆」事件判決 単一色の色彩商標と商標法3条2項

Q&A 知的財産トラブル予防・対策の実務「特許権に基づく請求に対する権利濫用の主張」

人工知能支援発明と人工知能(AI)の時代における特許制度

人工知能(AI)の時代の特許制度の目的と環境保全(地球温暖化、気候変動の問題と特許法)

我が国において知的財産発のイノベーションがなぜ起こらないのか ― 誌上討論への参加(人工知能(AI)の観点も加味して)―

Antibody Patenting – Second Edition –

日本の生成AIについての政策の分岐点:著作権法30条の4ではなぜだめなのか?

汎用人工知能のアラインメントと人権(AI権)

人工知能(AI)の時代における特許制度の目的

AI開発者の監査・認証制度は必要か?:過度な規制と人権保障の観点からの考察

特許庁審決例の紹介記事を共同で担当

特許権侵害警告による信用毀損

コメント配信システム事件(令和4年(ネ)第10046号 特許権侵害差止等請求控訴事件 原審(東京地方裁判所令和元年(ワ)第25152号))の知的財産高等裁判所の大合議判決について

人工知能(AI)関連技術に関する特許の権利行使 -ニューラルネットワークを用いたクレームについて-

国語辞典に掲載されている日本語の生ずる観念について判断した事例(知財高判令和5年3月9日(令和4年(行ケ)第10122号))について

日本におけるAI戦略会議:人工知能(AI)の活用の促進と法律の明確化の必要性

人工知能(AI)の活用と規制:ChatGPTを禁止する議論について

商標判例読解75 「一升餅」由来の商標「一升パン」は識別力を有するとして無効審判が排斥された事例

Section 206, Shin-Otemachi Bldg.
2-1, Otemachi 2-Chome
Chiyoda-Ku, Tokyo 100-0004, Japan
Tel.81-3-3270-6641
Fax.81-3-3246-0233

ご注意

  • ・本サイトは一般的な情報を提供するためのものであり、法的助言を与えるものではありません。.
  • ・当事務所は本サイトの情報に基づいて行動された方に対し責任を負うものではありません。

当事務所のオンライン及びオフラインでの個人情報の取り扱いは プライバシーポリシーに従います。